妊娠の話。出生前診断を止めた。

ちょっと書かない日々が続くと、ブログを書くということがすっかり習慣から外れてしまって寂しいので、今日も朝ドラもドラマも関係ない自分日記ですが書きます。

現在妊娠中(4か月かな?計算がいまいちわからない…)。高齢妊婦ですので、9週頃に夫と「出生前診断」について調べて話し合いました。

赤ちゃんのダウン症の可能性が分かるという検査で、まずは妊婦さんの血液を採取して、陽性(可能性あり)か陰性(可能性なし)かを診断。陽性だとしても100%とは言い切れないので、さらに確定に近い診断を求める場合は、お腹に針をさして子宮の中の羊水を採取する検査に進み、ダウン症の確率を知る、というものです。ざっくりいうと。

自分は高齢なので、漠然と「やるものなんだろう」と思っていました。(高齢だとダウン症の確率が上がる)

この検査はどこの病院でも・誰でも受けられるわけではありません。私は通っているクリニックで紹介状を書いてもらって大きい病院に行きました。まずはそこで「カウンセリング」を受けます。結論から言うと、私はここで話を聞いて、出生前診断を止めることにしました。

カウンセリング

カウセリングと名のつくものを受けるのは初めてだったので少し緊張していましたが、まずは「どういう気持ちで受けたいと思っているのか」というようなことを柔らかく優しく聞かれました。私たちは「ダウン症なら中絶する」という気持ちではなく、「知っていれば心づもりや情報を集めることができる。だから知っておこう」という気持ちでした。カウンセリングの先生にとっては、この気持ちは「もう少し深く考えた方がいい」というものだったようで、そんな感じのことをまず言われました。(怒られたりきつく言われるわけではありません)

そこで、「この検査で分かるのはどういうことなのか」の詳しい説明や、ダウン症がもし陰性だったとしても他の障害をもって生まれることもある・成長してから障害が分かることもあるというような話もされました。

とにかく柔らかい空気を作り出して下さり、私たちの考えを引き出しながら、それに対して私たちの学びが深まる題材を雑談のように話してくださいました。

気持ちの変化

事前に夫婦でしっかり話し合って「あらかじめ障害を知っている方がいい」と結論づけてカウンセリングを受けたつもりでしたが、説明をいろいろ聞いているうちに、「中絶するという固い意志がないのなら、受けることに意味はないのでは」という気がしてきました。

私がまだあと5歳若ければ、もしかしたら「ダウン症や障害のある子を私は育てる自信はないので、確率があるのなら中絶します」と決意したかもしれません。でも、ずっと不妊治療をしてきて一度も妊娠判定にすらたどり着かなかった私にとって、正真正銘 初めての妊娠。そして、ここまでの苦労があるため「もう二度とないだろう」という最初で最後の妊娠という気持ちでいます。そんな私たち夫婦は「中絶する」という決断だけはどうしてもできません。これだけは曲がらない事実でした。

そう考えると、仮にダウン症が妊娠前期で分かったとしても、妊娠後期で分かったとしても、出産直前に何か他の異変が分かったとしても、出産後に障害が見つかっても、3歳くらいで何か一般的な健康の子と違う問題が見つかったとしても、それがいつの段階のどんな内容であっても「頑張って育てていく」しか答えはないんだと思いました。

私も夫もなんだかんだ言って五体満足で健康に育ってきたので、そうではない子が生まれたとして、親の大変さや心配はやっぱりはかり知れません。無知で想像ができないからこそ、漠然と怯えていたんだと思います。

「もともと子の性格や特性も千差万別、育てる環境や考えも千差万別。はじめから皆違うんだから、結局 シンプルに考えれば、誰だってその都度その都度起こった目の前の問題に一生懸命取り組んでいくしかないんじゃないかな。そこは同じなのかもしれない。」カウンセリングを受けている間に、私も夫もそう感じ始め、最後の方に「それでいいかも」と思えた瞬間にフっと気持ちが軽くなりました。そして、私たちは「止める」という決断を迷いなくすることができました。私たちはこれでよかったんだと思います。

カウンセリングの意義

余談ですが、カウンセリングを受けて数週間が経ち、ふと思うのは「カウンセリングの一番の目的は何なんだろうな?」ということ。

少なくとも私たちの場合は、先生からすると「もう少し深いところまで考えてから、診断に進むか決めたほうがいい」と判断された様でした。

例えば「ダウン症なら私は中絶します」とはっきり決めている人なら、カウンセリングはもっと早く終わるのかしら。けどその場合は「診断は100%ではない」ということを説明されるのかもしれない。

命を選択するということをもっと真剣に考えよう というのがこのカウンセリングなんだろうとは思うのですが、正解は無い(それぞれの答えがあって当たり前)と思うので、カウンセリングを担当される先生が考えている「意義」みたいなものをはっきり聞いてみたかったなと今になってふと思います。

最後に

カウンセリングは、うちの場合は1時間程度でした。先生の考えやお人柄にもよるとは思いますが、「そんな生半可な気持ちでこの検査を受けようとしているのかぁぁ!!お前たちは腐ったミカンだぁぁぁ!!」みたいに厳しく怒られるものでは無いと思うので(笑)、緊張している方には「緊張しなくて大丈夫だと思いますよ^^」とお伝えしたいです。

夫と何回も話し合って結論を出していたことだったので、まさかカウンセリングによって自分たちの考えが変わって、それをこんなにも自然に受け入れられるなんて、本当に1mmも予想していなかったので、自分でもとても驚きました。

今になってみれば、出生前診断を受けようとした時、心の隅に「きっと陰性が出て、安心して残りの妊娠生活を送れる」という願望があったような気がします。漠然とした恐怖を打ち消したかったんでしょう。

けど、もちろん逆…陽性を突きつけられる場合もあります。その時、残り半年の妊婦生活を自分がどんな精神状態で過ごすのかを、できるだけリアルに想像してみることも必要だったかなと思います。私の場合は、おそらく「陽性」と言われても「0.1%でも診断が間違っている可能性があるのなら、もしかしたらダウン症ではないかもしれないし!」と、まだ0.1%にすがって結局モヤモヤしてしまうタチな気がしました。見えないことにモヤモヤした妊婦生活を過ごすよりは、何もない時は明るく生きていたい、そして目の前でいざ起こった問題に対応するほうがいいなと思いました。

でも、考え方は人それぞれです。100人いれば100通りの答えがあると思います。

ちなみに、クリニックでわざわざ紹介状(有料)を作ってもらって大きい病院にいき、結局 検査をやめましたが、大きい病院の先生にもクリニックの先生にも、「やめるんかい!」「なんじゃそれ!」的なことを言われることはありませんでした。

以上。どなたかの参考になれば幸いだと思い、書き記しました。

では(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク大
スポンサーリンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加